夢日記20170829

大学のとある課で職員をしている。
諸事情で、ある教授を秘密裏に毒殺することが課内で決定された。
当然バレたら大変なので、極めて密やかに計画を立てていく。

ある日、一人の男子学生が課に訪ねてきた。彼とは普段、世間話をする程度の仲である。
曰く、高性能のボイスレコーダーを買ったので自慢しに来た、とのこと。

ボイスレコーダーにイヤホンを挿して、予め録音してきたという音源を聴いてみる。そこに録音されていたのは、一般的なボイスレコーダーの用途で想定される「声」ではなく、「歌」だった。複数人の子供たちが歌う、古いわらべ唄のような歌で、曲調にどこかおどろおどろしさ、というか、居心地の悪さを感じる。

歌詞をよく聞くと、我々の計画内容を暗に示唆する内容だということに気が付いた。

いい音質だねえ、とか言いながらポーカーフェイスを装うが、背中にじっとりと汗をかいているのを感じる。人を殺めることに対する後ろめたさは最後まで起こらなかった。

夢日記20170826

実家に居る。
二階の自室の窓から外を眺めると、舞台装置のスモークのようなものが、ちょうど二階の位置まで一面に広がっている。
よく見るとそれはスモークではなく水で、気付かない間に降った大雨で二階位置まで浸水していたようだ。ここまで浸水する程の大雨なのに気が付かないとは迂闊だった。

母が犬の散歩中に雨に降られたらしい。
大丈夫かな、と思うが早いか、二人とも帰ってきた。
ずぶ濡れだったが、二人とも極めて平然としていて、母は当たり前のように「ただいまー」と言っている。安心。

またとない機会なので、カヌーに乗って近所を探索することにした。
町に出てみると、同じようにカヌーに乗って移動する人が何人か居て、やはり考えることは皆同じだな、と思う。

たまたまこの水位に入口を構えるケンタッキーフライドチキンを見つけたので、カヌーのまま中に入る。
ドライブスルーのように、カヌーに乗ったまま食べ物を購入できるお店が沢山あれば楽しいのに、と思う。新たなビジネスチャンスを感じる。チキンの味はふつうだった。

夢日記20170803

友達と森の中を歩いている。崖下には穏やかな川が流れている。涼しくて気持ちが良い。

一通り探検したところで自分たちの陣地に戻ってみると、待っててくれているはずの人が居らず、代わりに自分の身長くらいの大きさの巨大なワニが一匹ぽつねんと佇んでいた。
恐る恐る近づいてみるとあちらもこちらににじり寄って来る。

さすがに恐かったが、友達の前で怖気づくのは格好悪いので、しゃがんで待ってみると、膝の上に乗ってきてうっとりしている。
みると小刻みに揺れている。震えている、というより、犬が尻尾を振るような動作に近いものを感じる。恐らくワニの好意の示し方はこんな感じなんだと思う。

とにかくとてもいいやつだということが分かった。
昔ワニ肉を食べたことがあるので申し訳なく思った。でもなんで鳥や魚にはそんな感情抱かないんだろうと疑問を抱いたところで起床。

夢日記20170726

ボギー氏から連絡があり、今日ボギー氏の家でコンサートが行われることを知る。
出演者は戸川祐華ちゃんとか原田茶飯事さんとか、なかなか魅力的なラインナップだったので行くことにする。
ボギー氏の家は、西荻窪にある自宅から歩いて行ける距離の、河口湖畔にあるとのことので歩いて向かう。

途中、今度はひらぱー氏から連絡があり、既に満席だということを、わざわざ伝えてくれる。自分の席を取ってくれている。有り難い。
その時点で既に昼の12時で、色々見逃すのは切ないので急ぎ足で会場に向かう。

会議室のような、生活感が全くない部屋に到着すると島貫さんが居て、パンフレット類の整理を手伝わされる。
コンサートが始まるのを待ちつつ長いこと手伝うが一向に何も起こらないので聞くと、住所を間違えていて、全然関係ない場所に来ていたことを知る。とんだ無駄足を踏んだ。

鄙びた路地道を抜けて、這々の体で、3時ごろ到着。ボギー氏の家は消灯していて、満席で溢れかえっていると思われる人が一向に見受けられず音もない。かまわず入ると、真っ暗な家の中にひらぱー氏と8810くんしか居ない。出演者も客も、ボギー氏も誰も居ない。

ならば自分が演奏者になろうと思って石川浩司さんの「夏のお皿はよく割れる」をやけくそで弾き語って失笑をかう。
MC感覚で、みんなどこに行ったのか尋ねると、こんな時間だからみんなもう帰ったよ、と言われる。
改めて確認したら昼の3時じゃなくて夜の3時だった。そういえば道中、辺りは暗かったんだった。ボギー宅の窓辺から、月明かりをうけて輝く河口湖が一望できて、さすがミュージシャンはいい家に住んでいるなと思った。