夢日記20170726

ボギー氏から連絡があり、今日ボギー氏の家でコンサートが行われることを知る。
出演者は戸川祐華ちゃんとか原田茶飯事さんとか、なかなか魅力的なラインナップだったので行くことにする。
ボギー氏の家は、西荻窪にある自宅から歩いて行ける距離の、河口湖畔にあるとのことので歩いて向かう。

途中、今度はひらぱー氏から連絡があり、既に満席だということを、わざわざ伝えてくれる。自分の席を取ってくれている。有り難い。
その時点で既に昼の12時で、色々見逃すのは切ないので急ぎ足で会場に向かう。

会議室のような、生活感が全くない部屋に到着すると島貫さんが居て、パンフレット類の整理を手伝わされる。
コンサートが始まるのを待ちつつ長いこと手伝うが一向に何も起こらないので聞くと、住所を間違えていて、全然関係ない場所に来ていたことを知る。とんだ無駄足を踏んだ。

鄙びた路地道を抜けて、這々の体で、3時ごろ到着。ボギー氏の家は消灯していて、満席で溢れかえっていると思われる人が一向に見受けられず音もない。かまわず入ると、真っ暗な家の中にひらぱー氏と8810くんしか居ない。出演者も客も、ボギー氏も誰も居ない。

ならば自分が演奏者になろうと思って石川浩司さんの「夏のお皿はよく割れる」をやけくそで弾き語って失笑をかう。
MC感覚で、みんなどこに行ったのか尋ねると、こんな時間だからみんなもう帰ったよ、と言われる。
改めて確認したら昼の3時じゃなくて夜の3時だった。そういえば道中、辺りは暗かったんだった。ボギー宅の窓辺から、月明かりをうけて輝く河口湖が一望できて、さすがミュージシャンはいい家に住んでいるなと思った。


コメント

名前
メールアドレス
URL
コメント
削除パス
管理者にだけ表示