都会の風は冷たい

午後、精神科受診。
医師に適応障害を診断されて落ち込む。
まあそのお陰で会社休めてるんだけどね。
現に休めているお陰で、今とても幸せ。です。



病院を出た後、桜上水・千歳烏山駅間を線路沿いに漫ろ歩き。
両者は京王線で4駅分あるんだけど、駅間距離が各々ものっそい短いので、
「モリソン・ホテル」一枚分で辿り着きました。(回りくどい言い方さーせんぬ)

出生した直後に、世田谷の町に移住して以来、
凡そ20年に渉って住み続けているんだけれども、
世田谷の町は相も変らず静かで、路が狭くて、すごく不便で、
そんな田舎とも都会とも言い難い中途半端な雰囲気が大好きです。

町は、ときに長年掛けて築き上げた文化とか歴史とか、情緒をも
躊躇無く破壊しながらより便利に、快適になるために、進化していくもんです。
(何年後かに、下北沢がその対象になるみたいね)

進化論の思想に基づいて、それらは自然なことなのかも知れないけど、
この町だけは、ずっと変わらないで此処に在ってほしいなあ。
淡い夕陽が奇麗だった。


コメント

名前
メールアドレス
URL
コメント
削除パス
管理者にだけ表示