スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深夜の下北沢、デルモニコス

22時頃、布団にもぐる。
いつも通り、その2分後にはすっかり熟睡してる予定だったのに、
昨日はなぜかいつまで経っても眠気の尻尾が捕まらない。

気付いたら午前1時、眠るのは一旦諦めて、
夜の下北沢を漫ろ歩くために外に出たんだけど、
よく考えたらいまはちょうど大寒で、
零下の寒さに顫えて、眠気も更に醒めてく。

小、中学生のときは一年中、どんなに寒い日でも半袖短パンで、
雪ん中でも裸足んなってへっちゃらで校庭走り回ってたのになあ。

コウセイも、

「ガキだった頃はなんとなく 大人になるって
強くなることなんだと思いこんでたんだ
違う違う 弱くなってくんだ」

って云ってたけど、ほんとその通りだよなあーと思う。
わしが、わしの人生のなかで一番強かったのは
どう考えても小学生のときだった。

そんなことを考えつつ、たまに、だれも居ない十字路の真ん中で
仰向けに寝っ転がって空を見上げたりしながら、
深夜のゴーストタウンみたいな下北沢の街でしばらく遊んでました。
変質者と呼ばないで。

30分くらい経過した時点で、
いよいよ寒さにも我慢できなくなってきたので、
どこか適当なバーに寄って暖を取ることにしました。

Delmonico's

ほんで立ち寄ったのが「Delmonico's(デルモニコス)」。

このバーには前々からいつか寄ろう寄ろうと思っていたんだけど、
とっとと寄るべきだったわ。今までわしが寄った
下北沢のバーん中では一番居心地良かった気がする。
マイケル・フランクスの「スリーピング・ジプシー」が
落ち着いた大人な雰囲気を店内に醸し出していました。

店内にはバーテンさん一人とお客さん二人。
それぞれ思い思いにオーダーしたお酒を飲みながら、
AORやポストパンク、細野晴臣、ジム・オルーク等々、
この時間のここでしか出来ないような、
濃ゆい音楽の話をして盛り上りました。


http://www.youtube.com/watch?v=oIzPi4JcJ84

↑そんとき話題になった、国営放送で演歌を学ぶジム・オルーク。笑

わしのムチャ振りオーダー「カヒミ・カリィみたいなカクテル」にも
対応してくれて、ありがたかったです…!笑
甘くて、アルコール強めで、やさしい味がしました。

気付いたら午前4時。店を出る。また来ます。ぜったい。
これ読んでる人も下北沢お越しの際は是非寄ってみてね。

帰宅後、再度布団にもぐってみたけど、
結局余計に目が冴えてしまったみたいで、ぜんぜん眠れない。
試しにYouTubeでマイケル・フランクスを流しながら
ビールを飲んでみたんだけど、
改めて、いい音楽なんだけど、
やっぱしバーで聴かないといけない気がした。夜が明けてた。
凄い下北沢行きたいですぞ!




そういうバーに魅力を感じる!
  • ダメガネ#-
  • URL
  • 2011年01月25日(Tue)
  • 編集
このコメントは管理者の承認待ちです
  • #
  • 2011年03月12日(Sat)
  • 編集
>ろっきん
下北沢おいですぐおいで今日おいで!
ほかにもオススメできるバーたくさんあるよ下北沢

>あうー
わざわざ報告さんきゅうです…!無事でなにより…


コメント

名前
メールアドレス
URL
コメント
削除パス
管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。